高橋ヨシトは今何位かな??

英会話 ブログランキングへ

英文法に重点を置きすぎることのデメリットについて
動画解説
http://jump.cx/9xiwH

みなさまいつも僕の動画に遊びに来てくださってありがとうございます。

今回は僕が思う英語学習についてお話ししていこうと思います。

今から話すことはあくまでも僕の考えなので賛否両論あると思います。

興味のある方だけ聞いてもらえればと思います。

それ以外の方は飛ばしていただければと思います。

いつも言っていますが、僕の動画やコンテンツが

つまらないな、とか自分には興味がないなと思う方は

厳しいことをいうようですが観てもらわなくて結構です。

これからも頑固ラーメン屋商法を貫いていきます!!

ではここから始めていきます。

たぶん「英語」と聞くとまず最初にくるのが「文法」という方が

非常に多いような気がします。

現に僕の塾に関してお問い合わせいただく方も、多くの方が、

「文法もまったくだめで、中学、高校とぜんぜん勉強しなかったのですが、

こんな自分でも大丈夫でしょうか?」

という方が多くいます。

もちろん英語には文法も大事なんですが、最初のうちは文法をあまり気にしなくて

いいですよ、と案内しています。

というのも、言葉でコミュニケーションを取るときって日本語の場合、みなさんいちいち

文法なんて気にしてないですよね。

そういえば「私」って言葉なんで「私」っていうのかな?

なんて考えないですよね。

英語になると何故かそういったことばかりを追求してしまう人が多いような気がします。

例えばこんなフレーズがあるとします。

What are you doing?
何をしているの?

このフレーズは決まり文句なので、そのまま覚えてしまえばいいと思うのですが、

これを分解して

What 何

Are 

You

DO + ING

なんでここに Areが来るの?

なんで最初にWhatが来るの?

なんて考えたりしてしまいがちです。

そして、この答えに対して、僕は

知りません!!^^;

もうそういうものだからそうやって覚えるのが手っ取り早いから

深く追求しません。

そこまでいくと、英語というよりは言語学の勉強になってしまいます。

言葉の語源みたいなものを調べないとわからないので、僕もわかりません。

そして、たぶん多くの方がこういった細かい文法に関して、追求しすぎて

時間ばかりとられて前に進めず、しかも英語を楽しむことができず

挫折してしまうというパターンになってしまうような気がします。

僕が思うに英会話がうまいということは、どれだけたくさんフレーズを知っているか、

どれだけ上手な言い回しができるかだと思います。

英文法がかなり詳しくてウンチクをどれだけ言えたとしても

話せなかったら話にならないと思います。

そして、英文法を追求しすぎて、英語が嫌になって止めてしまうくらいだったら

もっと簡単に自分にできることを探して英語を楽しむ努力をするべきだと思います。

英語を長続きさせる環境を作ったり、自分自身をそういう体質にもっていくというのも

英語上達に欠かせないことだと思います。

英語は非常に奥が深くて、簡単に話せるようになれるとは言いませんが、

無理やりやる必要もないし、うまく自分に合った学習方法が見つかれば苦痛な

ものでなくなるかもしれません。

もしも今、英語を話せるようになりたいけど、文法が苦手だから自分には無理と

思っている方、ぜひ自分に合った学習方法を見つける工夫をしてみてはいかがでしょう?

それを見つけるコツとしては、この英語学習をやるべきだという考えを捨て、

自分はこの英語学習をやりたいと思う方向に向かっていくのがいいんじゃないかなと

思います。

ぜひ参考になればいいかなと思います。
















10日間の無料メルマガ英語レッスン実施中!!
http://takahashieigojyuku.info/4/?page_id=144