高橋ヨシトは今何位かな??

英会話 ブログランキングへ

恥をかいた分だけ英語力が上がる!?
動画解説
http://jump.cx/GJI4I

僕がいつも行ってるボルダリング(屋内クライミングスポーツ)ジムにたまにドイツ人の

会員の方が来るんですが、その方と話す機会があって、

その時は僕は英語で話しをするんですが、僕意外に英語を話せる人がおらず、

スタッフの人が注意事項などを説明するときにシドロモドロになっていることがよくありました。

そしてたぶん外国の方が来ると目立つし、そこのジムはアットホームなのでなんとかして

みんなコミュニケーションを取ろうとするのですが、やは言語の壁がありみんな話しかけようとしません。

その中でも人一倍社交的で明るいスタッフの方が1人いるのですが、

その方は英語力のあるないに関わらずバンバン話しかけていました。

周りの人はそれを見て笑ったり、少し馬鹿にしたような態度をとるような人もいました。

当然普段使う機会のない英語なので知っている単語を並べるだけのカタコトも英語にはなるんですが、

僕はそれを見てすごいな!と思いました。自分の英語力があるかないかなんてことは

その際、重要なことではないんですよね。

日本人の多くはどうしても、自分は英語が出来ないからと初めから諦めてしまう方が多く、

それが障害になってなかなか前に進めないことがあると思います。

間違ってしまって恥ずかしいとか、英語が聞き取れらなくて恥ずかしいとか、そんな

ことに気持ちを持ってかれていたらせっかくのチャンスを逃してしまいます。

そういえば思い出したのですが、僕も英語を学びたてのころは恥ずかしいなんて気持ちは

考えたこともなく、そればかりかわからないことが一つでもあると、それをそのままにしておかず

どんどん質問して何度も聞くように心掛けました。

それがあって今の自分があると思います。

わからないということを表に出したくなくてわかったフリをして、

失敗することの方がよっぽど恥ずかしいと思います。

英語がわからなくて恥ずかしい思いをしたことや失敗をしてしまったことはそのときは

すごく恥ずかしいですが、後になって笑い話にも出来るし、

その話を英語を学んでいる人に対しての失敗談として、話すこともできます。

ネタが増えると思います。

とまあ結構文章書いてしまいましたが、

そんなことを動画で話しています。

よかったら参考にしてみてくださいませmm

10日間の無料メルマガ英語レッスン実施中!!
http://takahashieigojyuku.info/4/?page_id=144