こんばんわ!!

今回は僕が考える、英語がうまくなるコツをお話しします。

タイトルにもある通り、英語は恥をかいた分だけうまくなると思っております。

僕もここにくるまでに数きれないほど恥ずかしい思いをしました。

そのたびに笑われ、バカにされ、悔しい思いをしました。

でもそれがあるから今の自分があります。

間違えるのが恐いからと言って黙っているだけでは一生話せるようには

なりません。自分は机で勉強する方が得意だからと、

カリカリ勉強してるだけでは英語は話せるようにはなりません。

当然ですよね、何でも肌で感じて、経験しないことには、

その人に吸収されません。

恥をかいたときは、もう二度と同じようなことはしないと

自分で強く思えることができるし、その都度、力が沸いてきました。

そこであきらめることは簡単です。だけど、その辛い時期を乗り越えることができれば

あとはもう楽しむだけです。その英語を楽しむ感覚を身に付けることができれば

何でもできます。というか何でも出来るような気持ちが手に入ります。

根拠のない自信です。根拠のない自信ほど、強いものはありません。

英語をマスターしたい方、どんどん恥をかいていろんな経験をしてください。

僕はそういうひたむきな人は応援したいです^&^